子育てと仕事と家事と…

3足のわらじを果敢に履きこなそうとする日々の記録

夫の鬱 休職中

11月から休職している夫。早3か月が経過しようとしている。

「おれ、鬱になったから休職する。」宣言を受けたときは、心配どころか
本当にはらわた煮えくりかえるってこれこれ!って思う心境で、
夫を実家へ送り返した(普通に実家に帰ってもらった)のですが。

そんな夫も元気になり、私も事態を受け止めて、今に至る。

なぜはらわた煮えくりかっていたのか?についてはこれまで書いてきたように思うので
割愛しますが。フルタイム共働き、夫は不在がち、子供2人の妻からすると
「なんでおまえが倒れるの?」って疑問だったのです。

で、現在も休職中の夫。

休職中なので傷病手当金の対象にはなるのですが、休職から3か月たったいまも
そんな手当金はまだ振り込まれることもなく、社会保険料や住民税の驚く金額の請求書を受け取っている。

あぁ、世の中世知辛い。働いてないやつにも、ガンガンお金出せって言ってくる。
と思い、ひとまず区の住民課に問い合わせ事情を説明。支払期日は容易に伸ばせました。

幸い、なんとか私の収入だけで家族が困らずに、貯金も切り崩さずに生きている。ありがとう仕事!ありがとう翻訳!ありがとう健康!

こんな時、やっぱ共働きで良かったなと心底思う。
私の親世代なんて、専業主婦が当たり前だったから辛かっただろうな。
休みたくても、倒れそうでも、一切そんな選択肢はない。

よほどの高給取りでない限り、今の世の中で専業主婦を選ぶのはただの
リスクでしかないことを再確認している日々。元気になった夫にはさっさと働け!
と思っているのは、私が自営業で家にいるに夫もいて
たった一人の時間がないことが苦痛だからだろうか。

まあ、それもあるけど。働いている方がヒトは健康でいられる気がする。
それも会社によりけりか。

うちの夫の場合、超有名企業に勤めていた。給料だって悪くない。
でも、怒涛のように働いた結果、倒れたのか?
それはやっぱ違うような。
私も日々怒涛のように働いている。しかも、育児も家事も一手に引き受けつつ
毎日早朝からせっせと翻訳させてもらっている、しかも難病持病もち。
毎日筋肉体操のあのフレーズ「あと2秒!出し切る!全部出す!」が聞こえるくらい
すごい、たっくさん翻訳している。講義もしている。研究もてつだってる。多忙。

でも倒れないし、毎日元気。倒れそうな気さえしない、むしろ
仕事いただけてありがたや~!な気持ち。
この違いはなんだ?という疑問を夫と検証中。

 

 

嫌なことから逃げてもいい

2019年になり2週間が過ぎようとしている。

夫は日に日に元気を取り戻し、4月からの就業に向けてちょろちょろ活動
を開始しているみたい。11月から鬱で休職中の夫。なんとは今のところ
貯金も切り崩さずに生活できてはいるものの、本人の希望通り
4月から働いてくれてたらいいのだけど。その反面、4月からは
また元通りのワンオペ生活になったら疲労だわーとも思うね。

でも、嫌なことから逃げることは悪くない。

夫が鬱になったと休職をきめたときこそ、怒り心頭だった。
いままで、仕事で不在がちな夫を全力で支えてきたのに、わたしも
激務だというのに。なのになぜおまえが倒れるのか?ってあたりで
納得いかなかった。

今年の正月、夫の実家に帰省した際には
夫の両親にもこれまでのこと、今の気持ち、生活は困っていないこと
などなどを伝え、リフレッシュした気持ちで新年を迎え
楽しい正月だった。

年末から始まった新しい翻訳プロジェクトへの参加がすごく苦痛で、
納期も厳しくて、さらに慣れない分野ですごく翻訳に時間がかかって
大変だった。気が付かないうちにすごくストレスを感じていた。
でも「仕事をいただけるのはありがたい」という気持ちがいつもあるので、
その「逃げたい」に蓋をしていた。

でも、仕事全体に影響が出始めて、やっぱ無理、申し訳ないけど
断ろうと何度も断って。断って、それを断られて粘られて、ってやりとりを
4、5回繰り返してようやく許可してもらえた。

ここで逃げられてなかったら、わたしも鬱に・・・?

なーんてことはあるのか、ないのかわからないけど。
鬱への扉は簡単に、いつだって開くんだろうな、誰でもって思った。
だから、逃げてもいい。健康が第一だから。

それでも、パワハラのニュースとかみてると
逃げたくても・・・っていうことなのかもしれない。

夫が逃げてくれてよかった。といまは思う。

あけました2019

気まぐれのブログになっていますが、それでいいや。

充実した年末年始を過ごし、今年が始まってもう1週間が経とうとしている。
前倒しで納品しようと思っていた大型案件も、チェック作業に時間がかかったり
帰京後のなんやかんやでもう日曜日。

今年の豊富については手帳にまとめた。

簡単に、心の持ち方次第で変わるならば変えてみよう、整えてみせようわが心。

夫の自称うつ病も良くなってきた様子。

わたしはそんな夫をほっといて今年はさらに自己実現にひた走ろっと。

大事にしない、といっているわけじゃなくて

ヒトをあてにしない。他力本願をすて、自力で!自分の力で生きることが

ヒトを助ける力につながるはずだから。

 

話は変わって。

 

年明け早々に友人が亡くなったそうだ。名前と顔がわかるだけで、さして交流もなかった相手だけど、子供がいるひとだったので残されたご家族のことを思うと胸が痛いな。
子供の手を握って、頭をさすって、抱きしめて。それがもうできない、だなんて。さぞかし、無念だろう。

いつか人は必ず死ぬけど、今度死ぬときは「悔いなし」で終わりたい。
だから、友人の死を胸に受け止めつつ、めのまえの子供と自分の未来を考えて
2019年も悔いがないように頑張りぬきたい。

だって、いつ地震が起きるかもわからない日本ですから。

今年は翻訳事業、栄養事業の拡大!あとは趣味の充実。誕生日には自分にピアノを買う予定。そして運転免許を取りたいし、車も欲しい。そして、来年からの大学院進学に向けて動き出したい。具体的に。ヒトにたくさん会いたい!

 

先日の年賀はがきで、翻訳者の先輩が本を出版したという知らせ。すごいな!
英語の本をアメリカで出版したんだけど、英語を本当の意味で使えるようになりたい。
栄養事業を海外で個人展開したら、英語を使うのも必須だしなぁ。。。なんて、
いつも事業計画を妄想するのがもはや趣味。

去年以上にやる気に満ち溢れています。
今年が家族にとっても、私とっても健康で、充実した、笑顔が増える1年になるように。全力で、毎日を完全燃焼で生きていく。

忙しさの原因を見直す

おおお!っという間に11月が終わろうとしています。

謝恩会やら保護者会やら、、年度末に向かっていろいろあわただしくなるよねー。
プライベートも忙しいんだけど、仕事も年度末は大忙し。
忙しすぎて家事をやる時間がなかなか確保できずにいて、家がジャングル状態。

土日もかまわず働いているけど、そんなんでもきっと今日がゆとりのある日なんだ、と思うようにいている。ちょっと無理やり。

でも根本的原因解決にはならない。来年度の仕事も考えなきゃいけない、ってことで
いろいろ仕事も整理整頓した方がいいのではないか、という気がしています。

管理栄養士と翻訳者の二足の草鞋を上手く履きこなすために。
管理栄養士業はライフワーク。翻訳者はライスワーク。
収入を下げずに(もしくは上げつつ)、時間を増やすためには?
単価を上げるしかない、ってことで。年度末に向けて
単価交渉や業務整理を始めようと思います。

そのためにも日々勉強なのだなー。

鬱の夫、その後

夫が鬱になったと言って会社を休職してから2週間がたった。
特に今は薬も飲んでないようだし、1日に1度は外出して外の空気も浴び
彼なりに健康を取り戻す働きかけを前向きに始めたみたい。よかった。

やっぱり、部外者からみても鬱ってよくわからないものだよね。

当事者にしかわからない心の不調があるのだろう。だから「怠けている」と
捉えられる、って読んだことある。私自身、当事者がこんなにも身近な夫になってみて
「なんで働かないで家にいるんだーーー!ごるぁぁぁぁーーーー!( `ー´)ノ」
みたいになるのかな、とか「おれは鬱」と聞かされてあたふたしたのだけど。

長い人生、いろいろあるよね。

わたしも15年前に、SLEで生死をさまようことになり半年間の闘病とリハビリ生活を送っていたことがある。すべては起こるべくして起こっているのだと思うので、
夫の鬱も体からのサイン、ってことなんだろう。
人生の夏休みとでも思って、自分に向き合い自分を取り戻してくれたらという感じ。

特段、わたしは彼の鬱について何も言わない。
家事分担もこれまで通り、辛ければ代わるよ!くらいで。
でも、徐々に回復しているのか?いままで家事は完全に半分にしていたけど、
6~7割くらいお願いしている日もある。

彼の休職は私にとっても家事育児の半休職みたいな感じかも。

これまで、月4、5回は泊りがけの出張で不在がちだった夫。
そのうち2回は土日の出張だから、毎週のようにワンオペで大変だった。
11月からは講義回数が倍以上に増えて、本当に仕事に追われる毎日、、、って
感じなので。夫の休職にのっかり、わたしも家事育児を半休職して
身体と心の回復と今後の体制を積極的に整えていきたいな。

娘の小学校入学まであとわずか!

ありがたいことに、あたらしいセミナー依頼もいただいたり、原稿の執筆をさせてもらったり。わたしの仕事は順調そのもの。だからこそ、この機会をチャンスととらえ、万が一夫の療養が長引いても家計に不安が押し寄せないように、来年度の仕事計画についても考えていきたいな。

以前書いていたダイエットもゆるやかに順調。
おかげで心も快調。まるで夫とは正反対のような…(笑)

やっぱり元気、健康が一番だよね。なんて、夫の体調不調から改めてそのことを学んでいます。わたしもできる限り、もっと夫を支えられるような人になりたい。きっと、私からも夫に対する労わりがたりなかったのかもしれない。

元気があればなんでもできる。本当に。
めんどうでも、運動大切!

 

夫、鬱になる?

あっという間に10月が過ぎ去って、11月もすでに中旬。
身の回りの変化がいろいろ起こっているうちに、今年もあと1か月半か。早い。

子供の運動会も終わって一段落していたら、夫からの突然の休職宣言。
体調が悪い、と話していたからまた風邪かよ~と思っていたら、
「俺、鬱かもしれない。」と始まって、休職するという。

えぇぇぇ????

頭の中が「???」と「!!!」でいっぱいになり、当初は受け止められなかった。
そして夫には実家に帰ってもらい、とりあえず養生最優先で。
そして私は「なぜこうなったのか?」「私はどうするべきか?」など
グルグルとひとりで考えていた。もちろん、ワンオペと仕事に追われながら。

考えるなか、鬱だといっている夫の心配よりイライラを感じる自分がいる。

「毎週のように出張で不在がち、平日も出張でいないこと多い。わたしは超ハードに自分の仕事をやりつつの毎週末ワンオペ育児。それで、、、体調崩して休職だなんて。こっちも体調崩しそうだわ。」

なんだろう。この苛立ち。

産後6カ月で職場復帰して、第2子のときも産後4カ月すぎてからすぐに職場復帰した。過酷だった。段階的に家事分担を平等にしてきたけど、、家庭への経済的貢献度はかなり高いはずなのに、、さらに毎晩夜はワンオペ確定で、週末もワンオペしてんのに。ずるい、夫。

そーんなことばかりが頭をいったりきたり。夫の気持ちに寄り添えなかった。
だから、いったん実家に帰ってもらった。お互いのためにもそれがいい、と思ったから。

4日後、夫が帰宅。

久しぶりに夫の顔を見て、少なからず元気を取り戻したようで安心した。
顔をみたら、今まで堂々巡りだったイライラがふっと消えた。

元気でいてくれればいいや。ただそれだけ。

これからどんなに長丁場になるかもしれない?可能性がないとは言い切れない不安は
あるけど。これまで彼に助けてもらったこと、一緒に過ごした時間、生活のだらしない部分をなかなか直さないところ、そのくせ細かいところを指摘してくること、などなどすべてをひっくるめて、まるごと「これでいい。元気でいてさえくれればいいや。」と思った。

私はこれから、少なくとも夫の申告では春までは、この家庭の大黒柱として働くことになる。どうせなら、事業拡大のチャンス!!!と思って、また万が一夫の不調が長引く可能性も念頭にはおいて、今後の来年の事業計画考えたい。

うつ病になる人がすごく増えてる、とは知っているけどまさか、こんな自信家で、自己肯定感が異常に高くて、学業優秀で、充実した人生送ってきたようなこの夫がうつ病だなんて。今でもにわかに信じがたい。

もっと自立をめざして

先週は木曜日から夫が出張で不在だった、日曜まで。たった4日。されど4日。
ワンオペは特に週末つらい。だって子供の仕事は遊ぶこと。私の仕事は、子供の仕事を助けながら、自分のライスワークと家事が仕事。たった一人で。

こんなときは、やっぱ実家でしょ!と実家へ。

去年の冬から埼玉県のやや田舎へ引っ越して同居を始めた妹家族と父母。実家が遠い。駅から徒歩20分。どこへ行くにも徒歩なら15~20分。でも私は運転できない、さらに実家&妹ファミリーは車を持っていない。

車を持たずに田舎暮らしはかなりきつい。と思うけど、いまのところでんちゃりで問題ないらしい。出かけ先で昼過ぎに子供が一人、また一人とお昼寝時間に突入したとき、運転免許ぜったいとる!って決心。

夫にも頼れない、自分も仕事に追われて毎日ギリギリの生活、なら
もっと自立的に生活しないと無理だわぁ…。って深く実感した週末だった。

出張から帰宅した夫へ。「お帰り!車の免許取ってと食洗器買うからよろしく」と。

結局話し合いの結果、ビルトインの食洗器の方がいいんじゃない?ってことになり
来年夏頃のリフォームにまとめてその工事もやることになる方向。じゃあ、あと1年はないわけ??食洗器( ;∀;)。明日にでも欲しい。

車の免許は色々調べ中。

夫に頼れないから、といって自分の仕事をあきらめるわけにはいかないし、
育児を疎かにしたくもない。

だから自立じゃー(# ゚Д゚)

なーんてことを考えていたら、同級生の友達からの第4子出産報告が。
すごい感動した。なんだろう、この未踏の地に足を踏み入れた人を応援せずにはいられないような気持ち。わたし、到底まねできないけど。でも3人目なら、いけるかも?いっとく?って血迷ってしまいます。だって、子供かわいいよね。

友人もわたしも4人姉妹。

私は次女で、彼女は四女。私は絶対4人姉妹はいいや、って思っていたのだけど
私の妹で四女は4人の子供をもつことを目指しているらしい。これは四女らしさか?
案ずるより産むがやすしなのは本当か?

わたしの悩みがとてつもなくちっぽけで、とるにたらない些細な出来事に感じてくるくらい、その友達が神々しく思えてきた。
子育てってのは、どんな仕事より大変だから。それを引き受ける覚悟をした、としか私には思えないからだろう。きっと、4人産んだ友人にとっては、そんなでもないのかもしれないけどね。

例え経済的にゆとりがあっても、4人を育てられる気がしないのは
問題は経済的理由じゃないんだろうな。でもうちの息子が妹の息子をかわいがる姿を見ていると3人目くらいは…みたいな迷いが。

子供は3人がいいか?それとも2人がいいか?だなんて、愚問だよね。
だって、授かりものだから。